手彫り印鑑と機械彫り印鑑のメリットデメリット!

東京の町並み

本記事では、手彫り印鑑を購入しようと思っている方に手彫り印鑑と機械彫り印鑑のメリットデメリットを紹介します。

手彫り印鑑と機械彫り印鑑の大きな違いは販売価格です。機械彫りと手彫りの良いとこ取りをした職人の手仕上げの半機械彫り印鑑を販売している通販サイトも数多くあります。

法人印鑑・個人印鑑に限らず、ビジネスツールや身の回りの持ち物にこだわりが強い人は、印鑑にもこだわりを持ち格安・激安印鑑を買おうとせずにより良い印鑑を買い求める傾向にあると思います。印鑑に限らず、ステータスが高い物と言えば、日本技術の粋を集めた熟練職人の手作り商品です。

それぞれの特徴を確認してください。

手彫り印鑑と機械彫り印鑑のメリットデメリット!

実印登録

手彫り印鑑のメリットデメリット

手彫り印鑑のメリットデメリットを紹介します。メリットとして挙げられるのは、技術力が高い職人が作成したら”機械彫りでは出せないくっきりとした印影が実現できる”という点がもっとも大きなメリットです。

また、ひとつひとつ手で作成するので「あなただけのオリジナル印鑑」を作成することができます。デメリットは、手で作るので価格が高くなりやすく、納品までに時間がかかります。また、製造数が限られてしまうため注文するまでに予約や待ち時間が必要なケースもあります。

機械彫り印鑑のメリットデメリット

続いて、機械彫り印鑑のメリットデメリットを紹介します。機械彫り印鑑のデメリットは、手彫りほどくっきりとした印影を実現することができない点。そして、機械で作るので他の人と同じデザインになってしまう点です。

メリットとして、価格が圧倒的に安くなる点です。街の印鑑屋さんでも機械彫りで販売しているケースがありますが、ネット専門の印鑑通販で購入するとさらに安く購入することができます。

機械彫りでも仕上げだけ職人の手仕上げを導入している印鑑通販サイトも数多く存在します。

MEMO
印材や加工方法が同じだけで、印影は同じにならないので偽造されやすくなるといったようなことはないので安心してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。手彫り印鑑と機械彫り印鑑のメリットデメリットを紹介しました。どちらの印鑑が優れているということはありません。重要なことは、ライフスタイルやビジネススタイルに合った印鑑を選ぶことです。

そして、機械彫りだからNGということもありません。大切なのは使用する印材の持ち味を最大限活かす技術力と言えます。当サイトで紹介している法人印鑑の通販サイトは、どの会社も技術力が高い職人が印鑑を作成します。色々なサイトを比較してみてくださいね。