合同会社設立の印鑑作成にかかる費用!ネット通販・店舗

可愛い女性

本記事では、合同会社設立の印鑑作成にかかる費用をネット通販と店舗に分けて紹介していきます。

起業・独立のスタイルが多様化して、合同会社として会社を立ち上げる人も増えてきました。合同会社はフリーランスで自分らしく働く環境がインターネットの発展に伴い整ってきた今だからこそ、需要が増えてきた会社設立の形態です。

チャットツールやメッセンジャーツールの普及により独立が簡単になりました。さらに都内を中心にコワーキングスペースなどが増え、オフィスを持たなくても独立でき多くの方が新しい働き方を始めています。

本記事では、合同会社の設立に伴う印鑑作成に必要な種類・値段とおすすめの印鑑専門通販を紹介します。

合同会社とは

合同会社は、株式会社のように株を発行して資金調達をすることを目的としない組織となっています。組織も株式会社のように代表取締役や取締、執行役員などの役職を必要とせず「代表社員」という肩書で複数の人と利益を分配する形で設立することができます。法人登記の手続きは株式会社と同様ですが、定款作成・手続きの諸費用などで株式会社より設立に伴う費用は抑えることができます。

合同会社の印鑑作成で必要なもの

株式会社同様に下記の印鑑が必要となります。法人登記・実際に会社運営を行う上で必要となる印鑑です。

  • 法人実印(代表者印)
  • 銀行印
  • 角印
  • 住所印(ゴム印)※必要に応じて

上記の会社印鑑が必要となります。必要に応じて住所のゴム印なども一緒に作ってしまうと後々の手間が省けます。実印・銀行印のサイズも株式会社同様、既定のサイズがあります。そのため、会社設立印鑑3本セットで作ってしまうのがベストです。

法人実印は法務局に法人登記するタイミング、法人銀行印は銀行口座を開設するタイミングで必要です。

MEMO
もし、個人印鑑としてシャチハタ印しか持っていないならこのタイミングで区役所などに届け出ることができる、個人の実印を同時に作ると良いでしょう。電子定款の手続きや印鑑登録などでシャチハタ印以外の印鑑が必要となります。

合同会社の印鑑作成にかかる平均費用

合同会社の印鑑作成にかかる費用(平均)は下記の通りです。ネット通販と店舗で確認してください。

  • 店舗……法人印鑑3本セット(1万5千円〜3万5千円前後)※5営業日前後で完成
  • ネット通販……法人印鑑3本セット(7千円〜1万5千円前後)※最短即日発送で翌日到着

上記の価格帯となっているケースが多いです。ネット通販で購入した方が半額程度で購入できる店舗が多いです。さらにネット通販だったら受付時間によっては最短即日発送にも対応しています。さらに5,000円以上の注文で送料無料で利用できるので、店舗よりも利便性高くお得に賢く法人印鑑セットを注文できます。

合同会社の印鑑作成でおすすめの印鑑通販

合同会社の印鑑作成でおすすめの印鑑通販を下記記事にまとめています。合同会社設立時は、経費を浮かせたいと考える人が大半だと思います。おすすめは格安の印鑑が作れるはんこプレミアムです。はんこプレミアムの印鑑3本セットは、最安値8,480円(税込・送料無料)です。10年保証で最短即日発送をしてくれます。なるべく費用を押さえて法人登記したい方は、はんこプレミアムがおすすめです。急ぎの発注でも対応してくれます。最短即日発送ができる点も大きな魅力と言えます。

インカンズドットコムはネット上で印影プレビューができるようになっているため、メールや電話などで出来上がりを確認する手間を省くことができます。ここもネット通販が優れている大きなおすすめポイントと言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか。合同会社の法人登記の時に必要な印鑑3本セットを紹介しました。また、当サイトおすすめの格安印鑑ができる印鑑専門通販も紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

ネット通販で購入できる印鑑専門ショップは、最短即日発送が可能で急ぎの発注にも柔軟に対応してくれます。ビジネスシーンで発生する様々な課題を解決しましょう!